最後に:この授業を総括して

最後に:この授業を総括して – メディアデザイン実習Jこの授業で説明してきた内容を踏まえると、以下の様なHTML/JSページが制作出来ます。

これらのWebページは、「Webサービス」として公開してユーザーに使ってもらうことができますよね。

さらに「PhoneGap」というものを使えば、これらのHTML/JSコードをそのままAndroid/iOS スマホ用アプリにビルドすることができます。

あるいはこれらの機能を既存のWebページに組み込んでユーザーに提供することもできます。

つまり、様々な方法で実際にプロダクトを公開してみて、自分ブランドを構築していく・セルフプロデュースする・名前を売っていくことができます。ビジネスを起こすことだって出来ます。もちろん就職活動につかうポートフォリオの1ページを飾ることも出来るでしょう。

 

思い切って、どんどんモノを作っていってください。

”学び”とは「わからない=考える」ことに意味があるのですし、クリエイター/プロはモノを作ってなんぼです。

 

静的なグラフィックやデザインで世界を変えることは現在非常に難しいとおもいますが、インタラクション・システムまでを含んだビジュアルプレゼンテーションならば、世界を「あっ」と驚かせるようなものは、みなさんでも今すぐに作ることが出来るのだと強く信じてください。

 

プログラミングとはプログラムの世界だけで自己完結するものではなく、情報社会の根本を支えるテクノロジーなのだということを忘れないでください。

音楽も映像も、すべてのメディアはテクノロジーの上に成り立っています。 テクノロジーの根幹をなすのは「人間が情報を制御する術」すなわちプログラミング的思考です。

 

政治も行政も企業も市民生活も、まだまだ我々の力を必要としています。

我々は社会の問題・個人の問題を解決できる力を今まさに手に入れようとしているのだということを強く信じてください。

このことこそが、大人になるということ・社会に出る・社会に参加するということだと思います。

 

たった半年の、限られたテーマの授業ではありましたが、共に過ごした時間がみなさん一人ひとりが生きていく上でのプラスになっていくことを祈ります。

 

Have fun !(^ω^)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です