ブログ・CMS・フレームワーク

ブログ・CMS・フレームワーク – メディアデザイン実習J

わかりやすく簡潔に説明しているため、真に正確とは言えない表現が含まれています。より深く正確な知識を得るには、ご自分で調査してください。

ブログとは?
Weblogのこと。 もともとは「日記システム」として作られた。 記事をストック(投稿)して、それを表示する(一覧と詳細)。 2000年代中盤にブログブーム。 以降、高機能化が進み、CMSの一種という位置づけになる。

CMSとは?
コンテンツ管理システム(Contents Management System)のこと。
静的なHTMLデータで(1対1で)ページを表示するのではなく、テンプレートを用いて動的にページを表示する。
つまり、ページが、コンテンツ(データ)とテンプレート(デザイン・レイアウト)に分離した状態で存在するよう設計されている。
これにより、専門知識のない人でもコンテンツメイク・ページ作成できる。
一般的な無料ブログサイトのようなものは、CMSのもっともシンプルな使い方。
多数のページを持つコーポレートサイトの場合は、より高度なCMSの使い方。

CMSの種類

ブログ向きとされるCMS
WordPress – 主流。PHP
MovableType(MTOS) – 次点。Perl + PHP
NucleusCMS – 一昔前。PHP
ExpressionEngine – Gigazineで使われている
など

企業サイト構築にも耐えるブログCMS
WordPress
MovableType(MTOS)

大規模サイト制作のための汎用CMS
Joomla!
Drupal – Yahoo!で使われている
Concrete5
TYPO3
XOOPS – 一昔前。PHP

その他
Mediawiki – Wikipediaのシステム。PHP
EC CUBE – ショッピングサイト用。PHP
島根県CMS – 行政機関向け。Ruby
などなど…

ブログと企業サイト
一言で言うと、ブログサイトと企業サイトは複雑さが異なる。
ブログサイトは、記事の単純な「一覧-詳細」の関係が基本で、その他にカテゴリー機能、月別一覧などが存在するにすぎない。
企業サイトはコンテンツの種類ごとにレイアウトが異なり、コンテンツの中に他のコンテンツ一覧が入ったり、コンテンツが階層関係にあったりする。他にもブログにはない様々な機能がある。
どちらも基本はコンテンツの「一覧-詳細」だが、複雑さにおいて異なり、システムに求められる柔軟さが異なる。
WordPressで企業サイトを作るには「柔軟なシステム」にしなければならない。それを実現するのがプラグインである。
プラグインで様々な機能を加える事で、汎用CMSに匹敵する複雑なサイトを表現できる。

Webフレームワークとは?

この文章を書こうとした人は途中で寝てしまいました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です