Aptana Studio 3 でAndroidアプリを開発するための準備

Aptana Studio 3 でAndroidアプリを開発するための準備 – メディアデザイン実習Jこの記事で扱う内容

AptanaにAndroid Developer Tools(ADT)をインストール

Android SDKをインストール

Android端末エミュレーターで確認

PhoneGapを使ったプロジェクトを作る

 

AptanaにAndroid Developer Tools(ADT)をインストール

Aptana Studio 3を起動して、

ヘルプ > 新規ソフトウェアのインストール…

ダイアログが表示されたら「追加」をクリックします。

名前の欄に

ADT

と入力。

URLには

https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/

と入力して、「OK」。

リストが更新されるまでしばらく待ちます。
リストにずらりとアイテムが並んだら、

Developer Tools

をチェックしてから、その右上にある

利用できるソフトウェア・サイト

をクリックします。

Eclipse Indigo Update Site

にチェックを入れて、「OK」。

さらに「次へ」をクリック。

しばらく待って、画面が切り替わったらまた「次へ」をクリック。

「同意します」をオンにして、「完了」をクリック。

しばらく待って、インストールが終わったら、Aptanaを再起動します。

 

すると、ダイアログが2つ重なって出ます。

「Android SDK」のダイアログのほうは、閉じてしまいます。

「Welcome to Android Development」のダイアログで「次へ」、「完了」。

「Accept License」をオンにして、「Install」。

しばらく待つと、インストールが完了します。

 

 インストールできたか確認

 ファイル > 新規 > プロジェクト

「Android」が増えているはずです。

これでAndroidプロジェクトを作成できるようになったことを確認できました。

 

 

Android端末エミュレーターを設定する

(作成中)

 

Android端末エミュレーターを実行する

(作成中)

これで、エミュレーション出来るようになりました。

 

PhoneGapを入手する

http://phonegap.com/

「Download PhoneGap」をクリックすると、ダウンロードが始まります。

これはあとでつかいますので、今はPC上のどこかにそのまま置いておきます。

 

プロジェクトを作成する

(作成中)

 

PhoneGapを展開する

プロジェクトが作成できましたが、現在の状態ではJava言語でコーディングしていく必要があります。

(作成中)

これで、HTML + CSS + JavaScript でAndroidアプリを開発できるようになりました。

このあとは、いよいよ実際のコーディングに臨みます。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です