アプリ作成 (3) 現在地を更新

アプリ作成 (3) 現在地を更新 – メディアデザイン実習Jさきほど使用したgeolocation APIの「getCurrentPosition」というメソッドは、一度だけ位置情報を取得しました。

連続して位置情報を取得するメソッド「watchPosition」を使用すれば、非同期に位置情報取得処理が繰り返し行われ、常に位置情報を監視した状態を実現出来ます。

「watchPosition」を使用するには、コードをほんの少し書き換えるだけで済みます。

index.html

 
script.js

 
動作デモ
http://dev.koekatamarin.com/zokei/20130604_geolocation2/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です