Web APIの分類

Web APIの分類 – メディアデザイン実習JWEB APIは大きく以下のタイプに分けられます。

 

(1) REST – HTTP GETでJSONやXMLを返却するAPI

iTunes API、郵便番号APIなど。これがもっとも一般的。

(2) スクリプトを読み込んで使うAPI

Google Mapsなど。

(3) HTML5(に対応したブラウザ)のAPI

Geolocation API、File API、、Clipboard API、Selectors APIなど。

厳密には「Web API」ではないとも言える

(4) OAuth認証が必要なAPI

Twitter API、Tumblr API(v2) など。

REST APIのうち、認証が必要なもの。ソーシャル系ではユーザー認証が求められるため。

(5) RESTでないAPI

SOAP、XML-RPC、AtomPPなど。

ブログのTrackback、Ping、リモート投稿などはXML-RPC

 

自分でWebサービスを作って、APIも作るぞ、などという時は、一般的にREST APIを作ることになります。

※「FuelPHP」などのMVCフレームワークを使う場合は、RESTコントローラを使って(継承して)Controllerを記述することで用意にREST APIを実装できます。

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です