[第4回] 講師の反省点

[第4回] 講師の反省点 – メディアデザイン実習J改善点

  • 説明なしに、知らない専門用語を使わない
  • マイクの音量を上げる
  • 教室後方のモニターは2台とも必ずつける
  • プログラミング時のフォントを大きく
  • 授業内容の実用性をもっと高める
  • 毎回、手を動かす実装作業を必ず盛り込む
  • 遅刻・欠席者の授業進捗を把握してケアする

わかりにくかったであろう内容

  • 配列とオブジェクトの違い
  • ChromeのJavaScriptデバッグコンソール
  • 実用的な内容と、基礎がための内容の違い
  • コーディング時の思考プロセス、とっかかり

 

みなさん毎回アンケート記入ありがとうございます。

アンケート内容がすごく励みになりますし、認識が甘かった点に気付かされます。意見やリクエストを書いてもらえるととても助かります。

少しずつでも、より意義のある授業を目指して改善し、学生の皆さんの将来に役立つよう力になっていきたいと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です