Electronでクロスプラットフォーム開発

Electronでクロスプラットフォーム開発 – メディアデザイン実習J

Table of Contents

– Electronとは
– Electronの事例
– 準備
– 実装とビルド
– 補遺

 

Electronとは

現在広く使われているエディタ「Atom」を開発するために生まれた、クロスプラットフォームデスクトップアプリケーションエンジンです。

※クロスプラットフォームとは、Windows・Mac・Linuxなど複数のプラットフォームに対応することです。
狭い意味では、同一のソースで複数のプラットフォーム向けにビルドすることを指します。

 

Electronの事例

Atom
VisualStudio Code
Slack
Discord
Wavebox

一覧はこちら → https://electronjs.org/apps

 

準備

前提として、ターミナルの使い方

 

node.jsをインストール

 

Electronをインストール

プロジェクトのためのフォルダを作成(仮に「testapp」とする)

フォルダのなかに移動

プロジェクトを作成・初期化

 

実装とビルド

index.html
main.js
package.json

 

実行(=ビルド=コンパイル) ※パッケージングなし

 

補遺

cd ~/Dropbox/electron/testapp/bin

// 実行(コンパイル)※パッケージングなし
electron ../src/

// 配布用にパッケージング
// testappというディレクトリに入っているソースコードをTestAppというアプリ名でWindowsとOS Xの64ビット向けに「1.1.3」のバージョンでパッケージングし、2回目以降は上書きを行う
// srcというディレクトリに入っているソースコードをTestAppというアプリ名でWindowsとOS Xの64ビット向けに「1.1.3」のバージョンでパッケージングし、2回目以降は上書きを行う
electron-packager ../src/ TestApp –platform=darwin,win32 –arch=x64 –version=1.1.3 –overwrite –icon=icon/icon.icns

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です