CampusNet掲載のシラバスが誤って昨年度の内容になっていた問題について

CampusNet掲載のシラバスが誤って昨年度の内容になっていた問題について – メディアデザイン実習J本日2018年4月12日に、2018年度「メディアデザイン実習J」のシラバスとして、2017年度同実習のシラバスがCampusNetに掲載されてしまっていることが判明しました。

今年度予定していた新しいシラバスの内容(PDF)
(※本文最下部に、画像も掲載しています)

講師と学習支援センターとの手続きに齟齬があったことが原因です。
学生の皆さんにおきましては、履修予定・学習計画などに良くない影響を与えた可能性があることをここでお詫びいたします。

詳細な事情についてはこの場でのご説明は差し控えたいと思いますので、授業内で改めてご説明します。
履修者以外の方は、講師・入江まで問い合わせいただければ分かる範囲でお答えします。

(学生さんの権利として、学習支援センター側に説明や改善を求めることも当然可能だと思いますが、学科レベル・カリキュラムレベルでの対応や説明に関するご案内は講師・入江の権限を超えており適切に行えないという点をご了承ください。)

当該実習のレベルでの対応としましては、誤って掲載された古いシラバスの内容と本来あるべき今年度のシラバスを適切に折衷していくような着地点を前向きに検討してまいります。

昨年度のシラバスの内容を今年度実習として受けられると期待されて履修された学生さんもいらっしゃるでしょうし、現状のウェブ業界に即して更新された新しいシラバスの内容のほうが良いと考える学生さんもいらっしゃるかと思います。

そのため、履修登録された学生さんと積極的に相談しながら、今年度の具体的な授業計画を定めてまいります。

ご意見などあれば講師に伝えてください。
可能な限り対応します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です