for文 – 繰り返し処理

for文 – 繰り返し処理 – メディアデザイン実習Jfor文は、指定した回数だけ処理を繰り返すために使います。

例えば、

と記述すると、次のように表示されます。

これは、「0からはじまって、1ずつふえて、10でおわる」という繰り返し処理を意味します。
そして、document.write(i); が10回繰り返されたというわけです。
 
ところで、

i = i + 1;

は、簡単に次のように書きあわらす事も可能です。

i++;

このように書くのが普通です。
 
ですから、さきほどのfor文は

と書いても同じです。
こちらの書き方で覚えておきましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です