「サーバーサイド」とは

「サーバーサイド」とは – メディアデザイン実習J

書いたプログラムをサーバー上で実行する

Java、Ruby、PHP、Perl、Pythonといったプログラム言語は、プログラムを記述(コーディング)するのにはもちろん特別な環境は必要なく、テキストエディタでよい。
しかし、実際にコーディングしたプログラムソースコードを実行するには、コンピュータ上に各言語の実行環境が必要である(インタープリタ言語)。

Ruby、PHP、Perlといった言語で書かれたプログラムは、Webシステム(サイト)で利用されることが多い。

一方、Javascriptも、Webサイトで利用されることが多い。
HTMLやCSSといったマークアップ言語ももちろんWebサイトで利用される。

このため「同じWebの話」のように混同しやすいのだが、
Ruby、PHP、Perlのプログラムは、サーバー上で実行される。
Javascript、それにHTMl、CSSは、ブラウザ上、つまり、クライアント側で実行される。

サーバーサイド

Javascript、HTMl、CSSの実行環境は、クライアント側のブラウザそのものである。
一方、Ruby、PHP、Perlなどの実行環境は、サーバー側にインストールされた各言語のモジュール(ランタイム)である。

要するに、Rubyを動かすには、サーバー側にRuby(のランタイム)をインストールしていないといけない。

「XAMPP」は、自分の開発用コンピュータをかんたんにWebサーバー化してしまえるパッケージであるが、サーバーソフトやデータベースソフトと同時に、PHPとPerlもインストールされる。
これにより、PHPとPerlそれぞれで書かれたプログラムが実行できるようになる。

サーバーサイドプログラミングの目的

元々、クライアントサイドでは大した処理はできない。
実行速度はそれぞれのコンピューターとブラウザに左右されるので、極端に低速だったりする場合も考えられる。
また、サーバーサイドではないために、サーバー上の機能やデータをそのまま利用することが出来ない。
他にも、互換性の問題を考慮すると、汎用的な処理にしか向かない。

サーバーサイドでは、サーバー上のデータベースと直接連携することができる。
また、サーバー上にさらに特殊なソフトウェアをインストールすれば、その機能も使用することが出来る。
たとえば、音声合成プログラム、3DCG生成プログラムなど。
極端なことを言えば、WindowsサーバーにPhotoshopをインストールしておけば、Photoshopの機能をすべて利用したWebサイトなんてものだって作ろうと思えば作れる(実際にはライセンスの問題があるが)。

もっと簡単なことで言えば、ユーザーが入力した情報をサーバーに保存したり、それを引き出したりすることが主な目的である(SaaS/ASP/クラウド)。

ユーザー登録であったり、買い物の決済であったり、ゲームのスコアの記録であったり、双方向のチャットであったり、サーバーは様々な場面で用いられている。
その数の分だけ、サーバーサイドプログラミングが行われているということになる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です