XAMPPとウェブサーバーの話

XAMPPとウェブサーバーの話 – メディアデザイン実習J

XAMPP

https://www.apachefriends.org/jp/index.html

ウェブの実行に必要なソフトウェアをまとめてパッケージ化したもの。

X – Windows、Linux、Mac OS X、Solarisのクロスプラットフォーム
A – ApacheのA
M – MySQLまたはMariaDBのM
P – PHPのP
P – PerlのP

※元はLinuxサーバーの典型的な構成を「LAMP環境」と呼んでいた。

Webサーバー

Webサーバーソフトウェアを稼働させたコンピューターのことが「Webサーバー」と呼ばれる。(サーバー←→クライアント)

Webサーバーソフトウェア

Apache
IIS(Windows Server)
Nginx
lighttpd
など…

これらはWebサーバーとして汎用的な機能を備えたソフトウェアであるが、単純なWebサーバーソフトウェアならば誰でも容易に開発可能である。

その他の新しいサーバーの実装については、
サーバPUSHざっくりまとめを参照。

データベース

おおまかに、
・RDBMS
・NoSQL
の2つに分類される。

RDBMS(リレーショナルデータベースマネジメントシステム)

「関係モデル」という考え方に基づいてデータを取り扱うデータベース「関係データベース」を管理する仕組み・ソフトウェアのこと。
エクセルの表のようなものが複数あり、相互に関連しあっているとイメージすると理解しやすい。

Oracle
Microsoft SQL Server
MySQL(MariaDB)
PostgreSQL
など…

phpMyAdmin_img

NoSQL(KVS)

いくつかの方式があるが、キーバーリュー型(KVS)が有名。
キーに対してバリューを記録するという非常に単純な構造。
非常に大量のデータを高速に処理することができるが、データの揮発性が高く、実装も複雑になるので、特に大規模なサービス以外では積極的に用いられない。

Mongo DB
Apache Cassandra
BigTable(Google)
DynamoDB(Amazon)
Tokyo Tyrant(mixi)
など…

プログラムの実行

「サーバーサイド」とは につづきます




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です