PHP + MySQLでサーバーサイドをやってみたい

PHP + MySQLでサーバーサイドをやってみたい – メディアデザイン実習J方針

  1. 環境構築する
  2. PHPの基本知識を理解してみる
  3. SQL文の基本知識を理解してみる
  4. phpMyAdminで作ったテーブルの内容を、PHPで表示してみる
  5. 簡易ブログを作ってみる

学習用の開発環境(ローカル)

  • Windows -> XAMPP インストール
  • Mac -> MAMP インストール

PHP:まずはここから

  1. HelloWorld! と表示してみる

MySQL:まずはここから

  1. phpMyAdminにアクセス
  2. データベースを作成する
  3. テーブルを作成する
  4. レコードを作成する

PHP+MySQL:まずはここから

  1. PHPからMySQLに接続する
  2. PHPでSQL文を発行し、MySQLのレコードを取得・表示する

次のステップ

  1. 記事の追加・編集・表示・削除の機能を備えた簡易ブログを作ってみる

※データベースの基本は「CURD」= Create(作成) Update(更新) Read(取得) Delete(削除)

 

スマホアプリからサーバー上のデータを取得する

  • 理想は、API(FOAF)を作ること
  • まずはテキストデータ(タグのないHTML)としてHTTPで表示できるようにして、それをスマホアプリが取得する形
  • データ取得はテキスト形式でも可。データの追加・更新にはAPIを作る必要がある。

 

さらに次のステップ

  • フレームワークを理解する
  • サイト構築・システム開発・API開発が迅速に行える
  • Symfony2 / FuelPHP / CakePHP など…
  • API開発は、FuelPHPを使えれば一瞬でできる

Have Fun !(^o^)




1コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です